結婚会見での福原愛選手に学ぶ!総絞りのお着物の魅力

帯揚げ 絞り 振袖

絞りのお着物って独特の雰囲気でとても素敵ですよね!
残念ながらわたしは絞りのお着物を持っていませんので、帯揚げの写真にて。
着物に興味を持つまでは染の種類なんて気にしたことありませんでしたが、少し知れば無限の広がりを見せる着物の世界。
絞りのお着物の魅力も十分わかります。本当に素敵です。

今回は染の技法「絞り」にフォーカス!!

スポンサーリンク
PC用

間違えないで!総絞りは決して格が低いものではありません

よくある誤解のようなのですが、総絞りのお着物は格が低いのではないか?ということ。

全然そんなことありません!!!

絞りの技術が全面に施されたお着物は、それだけで高い技術の結晶といえますし、美しさも並ではありません。
とても手間がかかることもあり、贅沢品であるのは間違いありません。
少なくとも「高いお着物きてるのね~」ということにはなりますよ笑

百聞は一見に如かず。その美しさに刮目せよ!

わたし、この回のきものsalon、買ってよかったなぁと思います笑
知らずに買いましたが、記念号だったんですねぇ。中身豪華でしたもん。

さて、全身ご紹介できないのが死ぬほど残念ですが、この南果歩さんのお着物。
メチャ綺麗じゃないすか?素敵だ、素敵すぎる。

肩のところの柄、見えますでしょうか。うっすら紫に染められていて、白地に映えてとても上品です。
八掛のお色も同じうすい紫なんですよ、も~ホント素敵。

「京絞り寺田」の一品だそうです。

ため息ものですね。

絞り染めといえば鹿の子絞り

鹿の子 絞り 着物 和装 柄 染め

鹿の子絞り、ちょっとお着物を知っていれば見たことありますよね。
斑点の模様が小鹿の模様に似ていることからこの名がつけられたそうです。

この染め模様、ひとつひとつにクローズアップするとわかりますが、大変手のこんだものです。
絞り目の部分はひとつひとつ指先でつまみ糸でくくられて出来たもの。

こんな細やかな模様のひとつひとつを・・・!!
ザ・大雑把なわたしからして見れば気が遠くなる作業。

大変な手間がかかることもあって、絞り染めのお着物は昔から贅沢品とされてきました。
江戸時代の奢侈禁止令とは、戦国時代を終え贅沢品が溢れてきた潮流を抑えるための発令ですが、その対象にこの鹿の子絞りのお着物も入っていたほど。

その流れからさらに摺り疋田という技法の人気が出たりするわけですが、それはまた別の機会に。

OK、じゃあ絞りのお着物は格が高いと思っていいわけだ!

総鹿の子のお着物、ものによっては完成に2年もかかるそうです。

ただ難しいのが着物の格という「考え方」にあり、手間がかかるから格が高いということでもないんですね。

注:ここはわたしもまだまだ未熟で勉強中の身ですので、随時更新していく予定です。
(間違いあれば即座に改訂します!)

一般的に総絞りのお着物には紋は入れないそうです。
そういった意味で、例えば親族側(ホスト側)としての結婚式には適さないようです。

また素材でも違いがあり、木綿になるとカジュアル着物となります。
同じように手間はかかるものですが、やはり普段着の印象が抜けないためなのでしょうか。

ともかく、絞り染めはあくまで染めの技法であり、その技法によって格が決められることではないということです。
例えば、絵羽模様の訪問着は大変豪華な一品で、結婚式の招待客としての装いとしては文句ナシにOKな一着になるのです。

評判がべらぼうによかった(に違いない)福原愛ちゃんの振袖姿

ひとめ見て、とっても似合ってるなぁ素敵だなぁと感動しました。

なんというか、昔から彼女が持つ可愛いらしさと、グッと大人っぽくなった印象が見事に融合している感じじゃないですか?
こういう場で衣装を選ぶしくみがどうなっているのかは知りませんが、これを選んだというだけでかなりの好印象です。

着物姿であり、かつその人に似合ったお着物をお召しになっていると本当にセンスが良いなぁと惚れ惚れします。

ということで、世間の評判もべらぼうに高かったに違いない!という見出しなわけです。
結局個人的な見解という笑

気になるお着物はどこの作品?

わたしはまだ駆け出しですので、このお着物はあそこの一着ね!なんて皆目見当もつきませんし、実は気にもならないんですが。

ちょっと調べてみると、京鹿の子の名門とされる「藤娘きぬたや」さんというメーカーのものだそうです。

う~ん、一度でいいから着てみたい。いやもう振袖着れないんですけども。

後姿もチェック!

ふくら雀ですよね。後ろから見るお着物姿もとってもきれい。

いつかは着たい、憧れの総絞りのお着物

というわけで、わたしの憧れがつまった記事になりましたと。

わたしは持ってないと書きましたが、総絞りの小紋はあったような気がします・・・
大島紬とともにカジュアル着物として実家に置いてきてるんですよね~

お着物を普段使い出来るようになったら仕立て直ししても良いかなぁと思っています。

今日も夢広がる着物の世界でした。